入塾説明

塾に入る時、カタログとかチラシを見てすぐに入塾する方はほとんどおられないと思います

そりゃそうですよね、塾なんて星の数ほどあるのにそう簡単に決められるものではありません

ほとんどの方が入塾説明を受けたり体験授業をしたり、またはその両方を経てから色々と考える、そんな流れが一般的だと思います

昇学館でも入塾説明や無料体験授業を行い、「その感触を持ってご検討下さい」とお願いしています

まぁその辺りは普通です(笑)

ただ、その入塾説明がちょっと普通じゃないらしいんです(-_-;)

いや、私としては至って普通のつもりだったんですがとある生徒のお母さんに「塾長の入塾説明にはド肝を抜かれましたわ」と言われたんです

ド肝を抜かれた~~~?(;一_一)

意味が分かりません・・・・

で、「ど、どういう事っすか?」と聞いたら

「いくつかの塾で説明を受けたけど、ほとんどは入会金だの授業料の話しから始めるのに、塾長はまず塾の指導方針だのこんな人間に成長させたいだの学習塾の存在理由だのと、いきなり語り始めましたやん?挙句に授業料の話は一番最後でしたよ(笑)」

ん~~、そうだったかなぁ・・・・・

私は基本、入塾説明のスタイルを決めてないんです

相手の方のニーズに合わせて話しをするのが私のスタイルなので、ぶっちゃけどんな話しをしたのかよく覚えてないのです・・・・

「それでね、国語と英語が苦手なのでどうしたらいいですか?と聞いたら、そこからかなり熱く語り出しましたよ(笑)」

た、たしかにそれはあるかも・・・・

語ってしまうんですよねぇ(;O;)

語ると言うか、成績上げるアドバイスなんか一言で言える訳ないですもん

しかも、成績を聞いて「こりゃホンマにヤバいな」と思えば、余計に簡単には説明出来ません

演習を増やすとか勉強時間を確保するとか、そんな事が簡単に出来るのならとっくに成績は上がっている訳で、そんな当り触りのないアドバイスをしたところでお母さんの疑問に応えた事になっていないのは明白です

「まぁ私も色んな事をお聞きしましたけどね!」

そうなんです!

入塾説明では相手の方のご質問には全てお答えするようにしています

入塾をお願いする以上、納得して頂きたいですからね

なので、質問が続く限り入塾説明は終わりません

平均して1時間くらいでしょうか、最長記録は2時間半だったと思います(笑)

はい、とことんお話しします

・・・・・

たしかにそう考えれば普通じゃないかも知れませんね(;一_一)

そう言えば3、4月に入塾説明した中で2人のお母さんからまだ連絡がない事に気付きました

熱く語り過ぎて引かれたのかなぁ

他の塾では体験授業や入塾説明をした後、DMや電話で「どうですか~?」と営業するらしいのですが、私は一切しないんです

全く追いかけません

それっていいのか悪いのか分かりませんが、サービス業としては失格でしょうね(^_^.)

なので、連絡が無くても忘れてしまっているのです

だって、「昇学館は止めとこ」と決めたのに塾長から電話があったからやっぱり昇学館に入った、なんて事ありませんよね?

とは言え、昇学館で入塾説明を受けて入塾を決めて下さる方はおそらく95%を超えています

なので、ちょっと自信があったりします(笑)

と言うか、昇学館の指導方針に自信があるのです

常に「うちの塾で成績が上がらなければ他でも上がらない!」という気持ちを持てるように頑張っているつもりです

とは言え、ド肝を抜かれたのかぁ・・・・・

ここは少し反省しなくてはいけないかもですね

これからはもうちょっと控え目にやる事にします(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です