春に想う

今日は「春の嵐」の様相を呈しています。
かろうじて頑張っていた桜も今日、明日で散りゆくでしょう。

そうなれば、いよいよ新学年突入です!

何とか春期講習も終盤を迎えた今、新しい学年の対策で私の頭はいっぱいになっています(^^ゞ

さりとて、今春も多数の生徒が当塾を羽ばたいて行ってくれた事も脳裏をよぎります。

今散っている桜とは裏腹に、昨年度の昇学館で桜は1枚も散りませんでした!

全受験生が全員志望校合格という快挙を成し遂げてくれました。
私の誇りです・・・

これは私の拙い経験の中でも初めての事かも知れません。

昨年度から導入された公立高校の前期入試枠を私は無視しました。
前期入試枠に惑わされる事なく、志望校を後期に照準を合わせてしっかりと5教科の学習を進める方が間違いなく有利であると判断したからです。

彼らの頑張りがほとんどの要因である事はもちろんですが、この戦略が功を奏した事も勝因の一つだと思っています。

来年の戦略はまた動向を見て判断する事になりますが、生徒達を大人の勝手な制度設計の犠牲にしない事も私の大きな仕事であると肝に銘じなければならないでしょう。

3月に見せてもらった笑顔の数々が

今年1年の私の原動力になります!

来年の3月にまた新しいたくさんの笑顔を見られるように

まだまだ頑張ります(*^_^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です